資格・学歴の統計

首都圏(南関東)や地方の主要都市において勤務している看護師の持っている資格・学歴についてみていきます。
まずは看護師の資格取得の人数に関してみていきましょう。

【都会における看護師資格取得者数】
2012年度、厚生労働省の発表の埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県での看護資格(正看護師・准看護師・保健師・助産師を合わせる*)取得者数をみます。(保健師・助産師に関しては大学のみ)

埼玉県 | 397
千葉県 | 563
東京都 |1145 
神奈川県|  853
愛知県 | 686
京都府 | 272
大阪府 | 576
兵庫県 | 990
福岡県 | 770
総計   | 6252
全国総計|13932
都会率 | 45%

数字だけ見ても、圧倒的に都会での資格取得者数が多いのがわかります。これは人口比にもよっていますが、その他に、地元の看護師養成機関で資格を得たあと、都会に出てきて就職するパターンもありますから、これよりも実際の勤務者はもっと増えてきます。

【保健師・助産師・認定看護師・専門看護師取得者割合】

        |都会総数| 全国総数|都会率
保健師   | 253  | 697 |36%
助産師   | 894  | 1903 |47%
専門看護師| 526  | 1044 | 4%
認定看護師| 567  | 12534 |54%

これを見ると認定看護師以外はやはり全国の中で都会の率が高いのがわかります。認定看護師はその専門の中でも救急看護の占める割合が多く、これが全国に平均的に散らばっていることの理由となるでしょう。

【都会の看護師の学歴】
それでは都会の看護師の学歴はどうなっているのでしょうか。

             |都会 | 全国 |都会率
看護師専門学校* |13071 |28407|46%
高等専門学校 | 599 | 2579|23%
准看護師養成学校 | 2741 | 7160|38%
助産師養成学校 | 694 | 1316|53%
大学*2 | 5587 |12869|43%
短大*3 | 918 | 1760|42%
全国          |23610 |54091|44%
*:2年制、3年制を合算 *2:看護師、保健師、助産師を合算 *3:2年制と3年制を合算

このことから、都会においては専門性の少ない高等専門学校や准看護師養成学校は割合が低いのに対し、高学歴である短大・大学や専門性の高い助産師養成学校の割合が高いことがわかります。